福岡「糸島」へ電車での行き方

こんにちは。お久しぶりです。さごいろのあやかです。

日本食が最高においしいため、帰国してから日本での生活がとても充実しています。

そんな中、さごいろとりっぷで今回、福岡と熊本へ遊びに行ってきました!

福岡で行きたい場所といえば、今話題の「糸島!」

インスタ映えスポットがたくさんあると聞いて、早速、行ってきました。

ドライブがおすすめみたいですが、今回は電車で行ってみました。

ということで、今回の内容は、糸島へのアクセス電車編です。

博多駅からのアクセス

地下鉄空港線からJR筑肥線を利用

糸島には、JR筑肥線が走っているので、乗り換え無しで糸島まで行けちゃいます!!

そして、最寄りの「筑前前原駅」まで45分程度で到着します。

多くの方は、この駅で「レンタカー」「電動自転車」を利用する方法を選ぶと思います。

が、しかし!!

私達は、そこまで調べずに行ってしまったので、、、。途中の「九大学研都市駅」で降りました。

そのあと、昭和バスの西の浦線に乗って約25分、「ざうお本店」へと向かいます。

ここには、インスタ映えスポットの「ヤシの木ブランコ」があります。他にも写真スポットがちらほらと。

BBQを楽しむ場所もあるので、そこでランチがおすすめだと思います。

調べ不足の私達は、ここにすべてのインスタ映えスポットがあると思っていました。

だが、メインのブランコしかない、、。

数分途方に暮れました。そして、次のバスの予定表をみると、1時間後。完全に予定が狂ってしまいました。

次のバスが来るまでここで遊びながら待つことにしました。海にも入ることができて観光客で賑わっていました。

そして次のバスに乗り込み、西の浦バス停、最終地点まで。そして!!そこでレンタル自転車を見つけました。

1時間300円で1日借りると、1000円でした。

借りることで移動範囲が広がるので、利用しました。めちゃくちゃ快適。歩いてももちろん行けますが、自転車で行くとさらに快適です。

 

海沿いにはインスタスポットがたくさんありました。

 

 

周りにはたくさんカフェがあり、選ぶのに迷うぐらいでした。

 

だいたいどこのお店も駐車場は、平日500円、土日1000円です。

私達は、自転車置場がなくて困りました。お店の隙間に止めたりしてました。

あと、時間がなかったので私達は行けなかったのですが、新しくできた#ジハングン良さげでした~!

是非、合わせて行ってみてください!

そして帰りは、バスに乗って「今宿駅」まで。JRに乗って、博多駅まで30分で着きます。

こんな感じで糸島一日の電車旅が終わりました~!!

まとめ

JR筑肥線で「九大学研都市駅」まで行って、バスで「西の浦」まで。

そこからレンタサイクルして色んなスポットを巡ります。

そして、帰りは、「ヤシの木ブランコ」に寄って1時間程遊び、次のバスに乗って帰宅。

これが、スムーズな遊び方ではないかなと思います!そして、電車・バスの旅をゆっくり楽しめます😀🤞

是非、参考にしてみてください!

Leave a Reply

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

[mc4wp_form id="449"]